Aruba Instant On ヘルプセンター

ルーターの詳細

[ルーターの詳細] ページには、選択した Wi-Fi ルーターの詳細が表示されます。これにはルーターの名前、IP アドレス、MAC アドレス、シリアル番号、ラジオ、ポート、およびモデルタイプが含まれます。また、現在接続中のクライアントの数を含め、無線ラジオの概要も表示されます。Instant On は現在、ネットワーク上でプライマリ Wi-Fi ルーターとして動作する AP11D デバイスをサポートしています。[ルーターの詳細] ページを表示するには、次の手順を実行します。

  1. Aruba Instant On ホームページの [インベントリ] () タイルをクリックするか、[サイトの状態] () バナーをクリックして [インベントリを表示する] をクリックします。
  2. [インベントリ] リストで、ルーターの横の () 矢印をクリックします。

ID

[ID] セクションには、ルーターの名前、IP アドレス、MAC アドレス、シリアル番号、ルーターのタイプ、ラジオ、および各ラジオチャネルに接続されているクライアントの数などの詳細が表示されます。

ラジオ

このセクションでは、デバイスの 2.4 GHz および 5 GHz ラジオで動作するクライアントに関する次の詳細について説明します。

  • 接続されているクライアント数 — ラジオに接続されているクライアントの数を示します。
  • 動作チャネル — 接続されたクライアントが動作している無線チャネルを示します。
  • ラジオ送信出力 — 接続されているクライアントのラジオ送信出力レート (dBm) を示します。
  • 通信時間使用率 — ラジオで検出された通信時間使用率 (%) を示します。

接続

Instant On AP11D デバイスを、プライマリ Wi-Fi ルーターとして、イーサネットケーブルを使用して ISP 提供のモデムに接続します。[接続] セクションには、アップリンクのゲートウェイ IP アドレスと、ISP 提供のモデムがルーターに転送したインターネット IP のリストが表示されます。Instant On ルーターはローカルネットワーク上で DHCP サービスとして機能し、要求するデバイスに IP アドレスを提供します。AP11D ルーターの LAN IP 割り当てを設定するには、次の手順を実行します。

  1. 付与する IP アドレス — ルーターのインターフェイスの LAN IP アドレスを設定します。
  2. サブネットマスク — ネットワークのサブネットマスクを設定します。
  3. [保存] をクリックします。

DHCP IP アドレス予約

ルーターモードの展開では、Instant On AP はプライマリ Wi-Fi ルーターとして使用され、また、接続された Instant On AP に DHCP IP アドレスを提供します。ルーターは、クライアントやデバイスが将来同じネットワークに接続するときに同じ DHCP IP アドレスが発行されるように、クライアントとデバイスの DHCP IP アドレスを予約することができます。この機能は、デバイスが有線ネットワークで管理されている場合にサポートされます。サイトのデバイスには、デフォルトの有線デバイスの IP アドレスが常に設定されています。クライアントは、任意の有線ネットワークに IP アドレスを予約でき、すべての有線ネットワークはルーターによって管理されます。さらに、この機能は、ゲートウェイを使用するサイト上のブリッジ無線クライアントにも対応しています。

DHCP IP 予約機能は、クライアントやデバイスの IP アドレスの予約に MAC アドレスを使用するため、MAC ランダム化を使用しているクライアントでは機能しません。

以下のルーターモード展開は DHCP IP アドレス予約をサポートしています。

  • ルーターモード - 無線のみ
  • ルーターモード - 有線および無線

ルーターモードでの DHCP IP アドレス予約の設定 - 無線のみ

無線専用サイトで、Instant On デバイスがプライマリ Wi-Fi ルーターとして機能している場合、IP を予約したいクライアントやデバイスの詳細ページ、または [ルーターの詳細] ページから IP アドレスを予約できます。

[ルーターの詳細] ページから DHCP IP アドレスを予約するには、次の手順を実行します。

  1. [デバイス] ページで、[接続] タブをクリックします。
  2. [IP アドレス予約] で、[+ IP アドレスを予約する] をクリックします。接続されているクライアントのリストが IP アドレスとともに表示されます。
  3. クライアントまたはデバイスをクリックして、DHCP IP アドレスを予約します。[IP アドレス予約] リストにデバイスとその IP アドレスが追加されます。

    クライアントやデバイスの予約済み IP アドレスを変更する場合は、デバイスやクライアント名の横にある編集アイコンをクリックして、新しい IP アドレスを入力します。

  4. [保存] をクリックします。

[クライアントの詳細] ページから DHCP IP アドレスを予約するには、次の手順を実行します。

  1. Web アプリケーションの Instant On ホームページで、[クライアント] () タイルをクリックします。[クライアント] ページが表示されます。
  2. [接続中のクライアント] タブをクリックして、接続中のクライアントのリストを表示します。
  3. プライマリ Wi-Fi ルーターに接続されている無線クライアントのクライアント名の横にある () アイコンをクリックします。クライアントの詳細が表示されます。
  4. クライアントの IP アドレスの横にある [IP 予約] リンクをクリックします。有線ネットワークの [ネットワークの詳細] ページにリダイレクトされます。
  5. [IP アドレス予約] で、[+ IP アドレスを予約する] をクリックします。接続されているクライアントのリストが IP アドレスとともに表示されます。
  6. クライアントまたはデバイスをクリックして、DHCP IP アドレスを予約します。[IP アドレス予約] リストにデバイスとその IP アドレスが追加されます。
  7. [保存] をクリックします。

ルーターモードでの DHCP IP アドレス予約の設定 - 有線および無線

このモードでは、DHCP IP アドレスの予約は、無線ネットワークの場合は上記のように [ルーターの詳細] または [クライアントの詳細] ページで、有線ネットワークの場合は [ネットワークの詳細] ページから行うことができます。

[ネットワークの詳細] ページから DHCP IP アドレスを予約するには、次の手順を実行します。

  1. [ネットワーク] ページで、プライマリ Wi-Fi ルーターに接続されている有線ネットワークの名前の横にある () アイコンをクリックします。ネットワークの詳細が表示されます。
  2. [オプション] をクリックします。
  3. [IP アドレス予約] で、[+ IP アドレスを予約する] をクリックします。接続されているクライアントのリストが IP アドレスとともに表示されます。
  4. クライアントまたはデバイスをクリックして、DHCP IP アドレスを予約します。[IP アドレス予約] リストにデバイスとその IP アドレスが追加されます。
  5. [保存] をクリックします。

ポート

すべてのネットワークでは、イーサネットケーブルを使用して、APまたはルーターの E0/PT または ENET ポートからゲートウェイまたはスイッチに接続する必要があります。各 Instant On AP にはポートが 1 つあります。ただし AP11D デバイスには他にも 3 つの LAN ポート (E1、E2、およびE3) があります。これらのポートを使用して、ネットワーク内の追加の AP を接続できます。ポートは、デバイス上の実際の物理ポートと同じように、ページ上で視覚的に表現されます。E0/PT または ENET ポートは常にデフォルトで選択されており、ルーターのデフォルトのアップリンクポートとして機能します。ポートとアップリンクステータスの詳細を表示するには、次の手順を実行します。

  1. [インベントリ] リストで、AP11D ルーターの横の () 矢印をクリックします。
  2. [ポート] タブで任意のポートを選択すると、以下の詳細が表示されます。
  • ポート番号 — ルーターの物理ポート番号です。
  • ポートステータス — ポートがトランクのメンバーである場合、トランクの速度が表示されます。
  • アップストリームとダウンストリームのスループット — ポートがトランクのメンバーである場合、トランクのアップストリームとダウンストリームのスループットが表示されます。

Instant On は現在、ネットワーク上でルーターとして動作する AP11D デバイスをサポートしています。接続されていないポートの [ポート] セクションには以下の設定が表示されます。

  • アクティブ — チェックボックスを選択して、ポートを有効にします。ポートを無効にするには、チェックボックスをオフにします。
  • 読み書きモードのポート名。

認証サーバーとセキュリティ

  • ポートのアクセス制御 (802.1X) — 802.11 WLAN セキュリティを強化するために設計されたポートベースのネットワークアクセス制御を有効にするには、チェックボックスを選択します。このオプションを有効にした場合、以下の RADIUS 設定を行います。
    • プライマリ RADIUS サーバープライマリ RADIUS サーバーの次のパラメータを設定します。Instant On モバイルアプリを使用している場合は、[その他の RADIUS パラメータ] をタップすると、以下の設定が表示されます。
    • RADIUS サーバー IP アドレス — RADIUS サーバーの IP アドレスを入力します。
    • 共有秘密キー — 外部 RADIUS サーバーと通信するための共有キーを入力します。
    • サーバータイムアウト — タイムアウト値を秒単位で指定します。この値により、RADIUS 要求のタイムアウトが決まります。Instant On デバイスは、ユーザーが切断される前に、([再試行回数] での設定どおりに) 要求の送信を数回再試行します。たとえば、[タイムアウト] が 5 秒、[再試行回数] が 3 の場合、ユーザーは 20 秒後に切断されます。デフォルト値は 5 秒です。
    • 再試行回数 — 1 から 5 までの数値を指定します。再試行回数は、サーバーグループに送信される認証要求の最大数を示します。デフォルト値は要求 3 回です。
    • 認証ポート — 外部 RADIUS サーバーの認証ポート番号を 1 から 65535 の範囲で入力します。デフォルトのポート番号は 1812 です。
  • RADIUS アカウンティングの送信 — チェックボックスを選択すると、RADIUS アカウンティングメッセージが送信されます。
  • セカンダリ RADIUS サーバー — セカンダリ RADIUS サーバーを設定するチェックボックスを選択して、以下のパラメータを設定します。
    • サーバー IP アドレス — セカンダリ RADIUS サーバーの IP アドレスを入力します。
    • 共有秘密キー — 外部 RADIUS サーバーと通信するための共有キーを入力します。
    • 認証ポート — 外部 RADIUS サーバーの認証ポート番号を 1 から 65535 の範囲で入力します。デフォルトのポート番号は 1812 です。

含まれるネットワーク

次のオプションのいずれかを選択します。

  • Untagged — これがデフォルト設定です。ポートは、デフォルトネットワークから VLAN タグを使用せずにトラフィックの送受信を行います。ポートをタグなし VLAN にカスタムマッピングするには、[Untagged ネットワーク] ドロップダウンリストをクリックし、リストからネットワークを選択します。1 つのポートには、同時に 1 つの Untagged ネットワークしか割り当てられません。
  • Tagged — タグ付き VLAN にポートをカスタムマッピングするには、[Tagged ネットワーク] に表示されているネットワークのチェックボックスを選択します。1 つのポートに最大 22 の Tagged ネットワークを同時にマッピングできます。

このポートに接続されているクライアントとデバイス

AP11D ルーターの特定のポートを選択すると、[このポートに接続されているクライアントとデバイス] セクションに、ポートに接続されているクライアントとデバイスのリストが表示されます。デフォルトでは、ポートに該当するすべてのネットワークのクライアントとデバイスが表示されます。ポートに直接接続されているクライアントやインフラストラクチャデバイスは、[クライアントの詳細] ページへのリンクとして表示されます。間接的に接続されているクライアントは、MAC アドレスで表示されます。特定のネットワークに接続されているクライアントやデバイスに絞り込むには、[表示] ドロップダウンリストからネットワークを選択します。

ネットワーク

ネットワークを作成した後、VLAN ポートにネットワークをマッピングして、すべてのネットワークからのトラフィックを許可するか、特定のネットワークのみを許可するかを選択できます。Instant On AP11D デバイスの各ポートに個別の VLAN ID を割り当てて、ネットワークトラフィックを管理するように設定できます。次の手順は、ネットワークを VLAN ポートにマッピングする方法を示しています。

  1. Instant On Web アプリケーションのホームページの [インベントリ] () タイルをクリックするか、[サイトの状態] バナーをクリックしてから、[インベントリを表示する] をクリックします。[インベントリ] ページが表示されます。
  2. [インベントリ] リストで、AP11D ルーターの横の () 矢印をクリックし、[ネットワーク] タブをクリックします。
  3. [選択したネットワーク] ドロップダウンリストから、特定のポートをマッピングするネットワークを選択します。
  4. 選択したネットワークを割り当てるポートをクリックします。
  5. [ポート] タブをクリックして、選択したネットワークにマッピングされたポートの設定の詳細を表示します。
  6. [保存] をクリックして、ネットワークとポートのマッピングを終了します。

ラジオ

[ラジオ] タブでは、サイトレベルで設定されたラジオの設定を上書きするオプションがあり、選択した Instant On デバイスに固有の 2.4 GHz および 5 GHz のラジオ設定を行うことができます。

サイトレベルのラジオ設定を上書きし、デバイスに固有の 2.4 GHz および 5 GHz のラジオ設定を行うには、次の手順を実行します。

無線で接続された Instant On AP には、サイトレベルで行われた 5 GHz ラジオの設定を上書きするオプションはありません。これらのデバイスは、デバイスレベルで 2.4 GHz のラジオ設定のみを行うことができます。

  1. [ラジオ] で、[2.4GHz ラジオ] および [5GHz ラジオ] の [このラジオのための特定の設定を使用します] チェックボックスをそれぞれクリックすると、デバイス固有のラジオ設定が表示されます。
  2. 以下のそれぞれについて、チャネル幅を選択します。
    1. 2.4 GHz ラジオ — [20MHz (デフォルト)] または [20/40 MHz]。
    2. 5 GHz ラジオ — [20/40 MHz] または [20/40/80 MHz (デフォルト)]。
  3. 各ラジオで選択した内容に基づいて、[チャネル選択] オプションが更新されます。デフォルトではすべてのチャネルが有効で、オレンジ色で表示されます。無効なチャネルはグレーで表示されます。
  4. 最小値と最大値の間でスライダーを調整して、2.4 GHz ラジオと 5 GHz ラジオの送信出力範囲を設定します。たとえば、スライダーが [非常に高い] と [最大] の間に設定されている場合、ラジオは 30 dBm から最大出力の間で送信します。選択可能な値は次のとおりです。

    送信出力レベル

    2.4 GHz ラジオのしきい値 (単位 dBm)

    5 GHz ラジオのしきい値 (単位 dBm)

    6 dBm

    15 dBm

    9 dBm

    18 dBm

    12 dBm

    15 dBm

    21 dBm

    18 dBm

    21 dBm

    24 dBm

    24 dBm

    27 dBm

    27 dBm

    非常に高い

    30 dBm

    30 dBm

    最大

    これがデフォルト設定です。

    これがデフォルト設定です。

上記の手順で変更した内容は、自動的に保存されます。

アクション

[アクション] タブには、以下の設定オプションがあります。

探す

Instant On では、サイト内に多数のデバイスがある場合にデバイスの位置を特定することができます。

デバイスを探すには、次の手順を実行します。

  1. Instant On Web アプリケーションのホームページの [インベントリ] () タイルをクリックするか、[サイトの状態] バナーをクリックしてから、[インベントリを表示する] をクリックします。[インベントリ] ページが表示されます。
  2. [インベントリ] リストで、AP11D ルーターの横の () 矢印をクリックし、[アクション] タブをクリックします。
  3. [ライトのアクティブ化] トグルスイッチを右 () にスライドして、デバイス内のロケーターライトを点灯します。ロケーターライトは、トグルスイッチをオンにしてから 30 分間点灯します。デフォルトではライトがオフになっています。

ネットワークテスト

[ネットワークテスト] オプションは、Instant On デバイスの到達性をテストするために使用します。ネットワークテストを行うには、コマンドを実行するソースデバイスと、到達する宛先を選択する必要があります。

Instant On ルーターに対してネットワークテストを行うには、次の手順を実行します。

  1. Instant On Web アプリケーションのホームページの [インベントリ] () タイルをクリックするか、[サイトの状態] バナーをクリックしてから、[インベントリを表示する] をクリックします。[インベントリ] ページが表示されます。
  2. [インベントリ] リストで、AP の横の () 矢印をクリックし、[アクション] タブをクリックします。
  3. [ネットワークテスト] の横にある [接続テスト] タブをクリックします。[接続テスト] 画面が表示されます。
  4. [ソース] の下で、ドロップダウンリストから Instant On デバイスを選択します。

    このフィールドでは、サイトのアクティブなデバイスのみを選択できます。スイッチまたは AP のどちらかです。

  5. [宛先] の下に、ソースデバイスの接続先となるデバイスのホスト名または IP アドレスを入力します。
  6. [接続テストを開始] をクリックします。

下の表は、ネットワークテストで考えられるテスト結果を示しています。

接続レート

往復時間

テスト結果フォーマット

良好

150 ミリ秒未満の遅延ですべてのネットワークテストに合格。

行番号 1: <ホスト / IP アドレス> への接続は速い

拡張可能な列: 詳細情報

150 ~ 400 ミリ秒の遅延で一部のネットワークテストに合格。

行番号 1: IP アドレスへの接続は断続的

行番号 2: <IP アドレス>

行番号 3: <ホスト / IP アドレス> への接続は遅い

行番号 4: <ホスト名 / IP アドレス>

拡張可能な列: 詳細情報

不良

400 ミリ秒以上の遅延でネットワークへの Ping が合格。

行番号 1: IP アドレスに到達できない

行番号 2: <IP アドレス>

行番号 3: <ホスト / IP アドレス> への接続は非常に遅い

行番号 4: <ホスト名 / IP アドレス>

拡張可能な列: 詳細情報

再起動

Aruba では、デバイスに問題があると思われる場合は、デバイスを再起動することができます。

デバイスを再起動するには、次の手順を実行します。

  1. Aruba Instant On ホームページの [インベントリ] () タイルをクリックするか、[サイトの状態] () バナーをクリックして [インベントリを表示する] をクリックします。
  2. [インベントリ] リストで、AP11D ルーターの横の () 矢印をクリックし、[アクション] タブをクリックします。
  3. [再起動] をクリックします。

インベントリのルーターの交換

Instant On では、ルーターがオフラインになったときに、インベントリのルーターを交換することができます。新しいルーターまたはサイトの既存のルーターを使用して、古いルーターを置き換えることができます。古いルーターを通常のルーターとして使用するには、手動でリセットする必要があります。このオプションは、インベントリリストから選択したデバイスがルーターの場合にのみ使用できます。

インベントリのルーターを交換するには、次の手順を実行します。

  1. Aruba Instant On ホームページの [インベントリ] () タイルをクリックするか、[サイトの状態] () バナーをクリックして [インベントリを表示する] をクリックします。[インベントリ] ページが表示されます。
  2. [インベントリ] リストで、交換したいルーターの横にある () 矢印をクリックします。アラートがトリガされると、デバイス名の下に長方形のバーが表示されます。
  3. [アラート] リンクをクリックします。[アラートの詳細] ページにリダイレクトされ、異常なアクティビティに関する詳細情報と、ルーターを交換するためのリンクが表示されます。
  4. [アラートの詳細] ページで、交換用リンクをクリックします。[ルーターの交換] ページが表示されます。または、[アクション] タブの [デバイスの交換] の横にある [交換] ボタンをクリックして、このアクションを実行することもできます。
  5. 交換するルーターを取り外し、新しい Instant On デバイスを ISP モデムに接続します。デバイスのライトが緑色とオレンジ色で交互に点灯したら、[続行] をクリックします。
  6. 新しい Instant On プライマリ Wi-Fi ルーターにあるシリアル番号を入力し、[検索] をクリックします。
  7. 希望するルーターが検出されたら、[交換] をクリックして、デバイスをプライマリ Wi-Fi ルーターとして設定します。
  8. 新しいルーターがネットワークに追加されたら、[終了] をクリックします。
/*]]>*/